カテゴリ:御飯小話( 8 )

ゆどーふ 角煮 とろろ ビール しあわせ

おさむうございますね。
クリスマス直前セール大特価お買い得価格となっておりますkobasoです。もうすぐ店員さんに「表示価格の半額引き」シールを貼られそうですこんばんは。

さてさて、久しぶりにやってまいりました。白昼堂々自己満足のコーナーです。
待望の2口ガスコンロの使える新居に引っ越したものの、今までなんだかんだバタバタしてしまっていて、ゆっくりご飯を作るということができていませんでした。
今日は久しぶりの一人の休日だったので、夕方からゆっくりご飯を作り始めました。
角煮と湯豆腐ととろろごはんを作ったですよ!手をかけて。ええ。自分のために愛情をこめて。ええ。

・角煮
b0180288_2151338.jpg

豚肉の脂身の部分を下に向けて油をひかずにフライパンに並べ、5分くらい焼きます。
焼けたら、他の3面も2分くらいずつこんがり焼きます。
油が出てきたら、キッチンペーパーでふき取ります。
b0180288_21524588.jpg

お肉が焼けたら、熱湯を入れ、落としブタをして20分くらい煮ます。
b0180288_2154348.jpg

ゆで卵もゆでておきます。ゆでた卵は水につけて殻をむきます。
20分たったら、豚肉をボールに移し、軽く水洗いします。
b0180288_21551422.jpg

鍋に水とお酒(今日は焼酎)を入れ、豚肉・大根を投入し、ぐつぐつします。
沸騰したら、アクをとり、落としブタをして1時間半煮ます。

この間に、清水義範の「河馬の夢」(新潮文庫)を読みます。短編集です。
まだ半分くらいしか読めてないけど、その中で「読者のお便り」が好きです。
この人の本、なんか人を小馬鹿にしてるけど面白いです。とても。

河馬の夢を半分くらい読み終えた頃に、鍋に砂糖を加えて5分煮ます。
b0180288_2214279.jpg

しょうゆと卵を加え、20分くらいことこと煮ます。
できたら、少し常温で冷ましておきます。食べる前にもう一度温めます。

・湯豆腐
b0180288_2234199.jpg

細かく刻んだネギに、熱したごま油を加え、しょうゆ、酒、みりん、鰹節を加えて混ぜ、たれを作ります。
b0180288_2244313.jpg

土鍋に、だし汁と塩を入れ、たれを器ごと入れ、白菜、キノコ、豆腐を加え、ふたをして温めます。

・とろろ
じょりじょりします。


冬のしあわせ完成です。
b0180288_2263566.jpg

うっほっほ。
by kobaso | 2011-12-04 22:07 | 御飯小話

カレーライス

b0180288_1913086.jpg


給料日前のひもじい学生にとって、カレーライスは慈悲深い先輩のようであります。
一度作ると4,5日はカレーライスを食べ続けられます。味も少しずづ変わって、なんとなく毎回食べるのが楽しみです。何より楽です。さすがに4日目5日目になると飽きるのですが、そんな文句は言えません。先輩ですから。
毎回、こことか、もうやめてしまいましたがmixiとかで、ちょっと暇な日にちょっと頑張って作ったごはんを載せてきましたが、たまにはこういう通常ごはんのことを、書こうと思います。

多くの家庭料理がそうであるように、カレーライスもまた、家庭によってかなり味が違うと思います。ルーを2種類以上使うカレーもあれば、牛肉を使うカレー、豚肉を使うカレー、鶏肉を使うカレー、豚肉は豚肉でも薄切り肉を使ったり、ブロック肉を使ったり、ひき肉を使ったり、ジャガイモを入れたり入れなかったり、ソースを入れてみたり…。「カレー」と一口に言っても、人によってそれぞれ異なるカレーの味を想像していると思うと、なんだか面白いです。

僕のカレーの作り方は、ショウガを1つ、ニンニクを2片くらい、セロリを1本(葉も)、トウガラシを1本それぞれみじん切りにし、サラダ油で炒めて、セロリがしんなりしてきた頃に玉ねぎ、ブロックの豚肉、ニンジン、ジャガイモの順に炒め、トマトのすりおろしを入れてから、カレールーのパッケージに記載されているよりも少なめの水を入れて煮て、最後にルーを投入して出来上がりです。
冷蔵庫で死にかけている野菜を使うこともよくあります。よほど変なものを入れなければ、まずくなったりしないところも、カレーライスの魅力だったりしますよね。
今回作ったカレーには、ピーマンと小葱を加えました。ピーマン、結構合いました。小葱は存在が消えました(笑
100円200円をケチらずに作るのがkobaso流です(流というほどのものではない 笑)。

家で作るときには、ちょっと辛い(辛いのが好きな人にはきっともの足りないかもくらいの)カレーになります。でも、むかし食べていたような、豚肉の薄切り肉が入っていて、ジャガイモがかなり溶けてトロトロとした、ものすごく甘い給食のカレーが、無性に食べたくなったりします。

いろんな味の、いろんなおいしいカレーが、世の中にはあります。うれしいことです。
by kobaso | 2011-04-09 19:38 | 御飯小話

そしてまた自己満足の世界が今日もやってきた。

少し前まで、それなりの頻度でちゃんとご飯作ってたのですが、
最近、結構帰宅時間が遅くなってしまって、なんか御飯しっかり作る気も失せてしまい、
ツナ缶と玉ねぎとマヨネーズで作ったスパゲッティとか、
うどんつゆに鶏肉とねぎブチ込んだだけのうどんとか、
永谷園のお茶漬けとか、
そういうのばっか食べてたのですが、
このままでは逆玉の輿にのれないという、非常に深刻な事態に焦燥感を抱いたのと、
昨日「南極料理人」を観た影響が多分にあり、
「ごはんつくろう」と思い立ちました。
こうしてkobasoは、少し前の自分を取り戻す旅に、出かけました。

ちゃんと作り方も載せなさいというありがたい指摘を、以前いただいたので、のっけます。
でも分量は「適当に」が多発しますので許してください。

まずkobasoは、シチュー作りました。

b0180288_2158327.jpg

Before

b0180288_21585256.jpg

After

作り方は、シチューの素の裏面を参照してください(笑
冷蔵庫にあった赤ワインとか牛乳も適当に放り込みましたが、正直何が変わったかはわかりません。はい。

その後、おもむろにkobasoは水槽脇のトウガラシ畑に足を踏み入れました。
b0180288_221477.jpg

この配色、奇しくも、クリスマスムード満載です。なんですかこれは。

b0180288_222981.jpg

トウガラシ(2本)は種を除いて、1本だけ輪切りにします。辛いのが苦手な人は、輪切りにせずにそのまま使ってください。後から取り除きます。
ニンニク(2片)は、皮をむいて包丁の腹でつぶします。
アスパラは適当な分量を、さっと湯通しして適当に切ります。
ベーコンも適当な量を適当に切ります。
あ、何作ろうとしてるかというと、ぺペロンチーノ作ろうとしてます。kobaso。

b0180288_2253412.jpg

オリーブオイル(大匙2と1/2くらい)を熱します。油が温まったら、ニンニクを入れて弱火にし、香りをうつします。

b0180288_2264519.jpg

パスタを茹でます。途中で、マイタケを投入します。マイッタケ?(はいごめんなさい。反省してます。)

b0180288_2275372.jpg

パスタが茹で上がったら(少し固め)、先ほどのオリーブオイルにベーコンとトウガラシを加えて加熱し、パスタのゆで汁をおたま1杯位、投入します。そんでもって混ぜながら加熱します。

b0180288_22111595.jpg

最後にパスタとマイタケを加えて、和えます。

b0180288_22114666.jpg

お皿に盛りつけて、ぺペロンチーノにパセリをふりかけ、完成です。

これでまた1歩、逆玉の輿への道が近づいたのでした。
今日も生麦は平和です。
by kobaso | 2010-12-19 22:14 | 御飯小話

徹底的に自己満足の世界

ごはんの話。
自炊のできる男子はモテるという都市伝説を、身をもって否定しているkobasoです。こんばんは。
ひとに文句を言われることなく、自分のペースでごはんを作るのが、僕は好きです。
ですが、なんか、自分で作って、自分だけで食べてっていうのも、なんか淋しいので、
こうやって日記やmixiのフォトでその感情を消化しているわけです。

たまには、ごはんを作る過程を書いてみても良いんじゃないかと気まぐれに思ったので、こうして書いているわけです。はい。

b0180288_19584360.jpg

コンロひとつ、狭いシンクという非常にコンパクトな設計ながら、左開きの冷蔵庫、読書スペース完備という非常にシステイナブルなキッチンでなおかつ…以下略

b0180288_2003711.jpg

半額でも、けっして安くはないよね。メカジキ。
えらいやつやのう。メカジキ。

b0180288_2012055.jpg

みそ大匙1+1/2、酒大匙1、みりん大匙1を混ぜ合わせたものに、メカジキを放り込みます。しばらく寝かせます。
みそは、なんでもいいと思いますが、今回は家にあったこうじみそを使いました。

b0180288_2031367.jpg

メカジキがいびきをかいて寝ている間に、豚が汁になりました。
豚が汁になる間に、人間は本を読んでうんうん言ってました。

b0180288_2042971.jpg

メカジキが起きたので、フライパンにサラダ油をしいて熱し、焼きます。

b0180288_206193.jpg

メカジキが良いぐらいに焼けて、顔黒のチャライ兄ちゃんになる前に火を止めて、メカジキが寝ていたみそと酒とみりんを和えたものを加え、なじませます。

b0180288_2074253.jpg

お皿に盛りつけて、完成です。
今回はメカジキを使いましたが、白身魚なら、たいていおいしくできるんじゃないかと思います。

ちなみに、この豚汁は明後日まで生き続けて、明日は豚汁と冷ややっこと卵焼き、明後日は豚汁にうどんを突っ込んだものが、kobasoの胃袋にはいるものと思われます。
by kobaso | 2010-11-14 20:09 | 御飯小話

また放置してしまった。

お久しぶりです。kobasoです。
最近サークルにバイトに忙殺され、なかなか時間がありませんでした。

そんななかで昨日・今日は久しぶりの2連休だったので、
ちゃんとした御飯でも作るかーと思って、買い物へ出かけました。
当初はイタリアンな気分だったので、鶏肉のトマト煮でも作るつもりでいました。

買い物に行って、近くのスーパーで鶏肉やトマト缶やらは調達できたのですが、
野菜類がどうにも高い。
財布の中は実習費を捻出したためにすっからかんです。
これは少し歩いて八百屋さんに行くしかないなと思って、意を決して八百屋へ向かいました(といっても徒歩5分くらい)。


…安い安い。
ニンジン1ザル90円。
玉ねぎ一袋100円。
セロリ1本80円。

あまりの安さに感激して涙目になった私を察してか、
八百屋のおばさんが話しかけてくれました。

「おにいちゃん、独り暮らし?大変でしょー。」
「えぇ。今日は暑いですが財布は寒いんですよ。」←すみません。実際はこんなこと言ってません。
「大変だねー。おまけにジャガイモ一袋いる?」

涙腺が崩壊しそうでした。おばちゃん、また来ます。

さて、ジャガイモをもらったのは良いのですが、
まるまるとしたジャガイモ君を見てると、ほくほくしたコロッケが食べたくなりました。
でも、脳内のトマトちゃんは私を忘れないでと自己主張を弱めません。
トマトちゃんにジャガイモ君のコロッケを投入すれば、せっかくのサクサク感が台無しです。

優柔不断な私に、ジャガイモ君とトマトちゃんどちらかを選ぶなんてできません。
そんなとき、袋の中の卵さんが言いました。
「私に任せなさい。」

かくして、写真のような料理ができました。
b0180288_1836235.jpg


題して
「トマトソース海をコロッケ軍団が卵船に乗って航海するの図」

みなさんも、トマトとジャガイモが喧嘩しそうになったときは是非とも卵を使ってみてください。

我ながらナイスアイディアだと思ったのでアップしてみました(笑
by kobaso | 2010-06-13 18:38 | 御飯小話

一人の楽しみ独りの侘しさ

自分は一人暮らしをしているので、自炊をしております。
自炊をしないと生きていけません。
普段はほほぃと簡単なものを適当に作っているのですが、
たまに凝ったことをしたくなります。
ちょっと豪華にしてみたり、
ちょっと綺麗に盛り付けてみたり、
ちょっと変なものを作ってみたり。
そういうのって、やってるときは楽しいんです。
食べる直前まで楽しいんです。
でも、食べてるとなんだか悲しみも一緒に咀嚼しなければなりません。
「独りで何やってんだ…。」
ってなるんです。本末転倒です。

だからといって、
「こんなのつくったよ。ほれほれ。」
と、誰かに自慢メールを送るわけにもいきません。「でっ?」ってなるのは目に見えてますから。
でも、凝りたい衝動は抑えきれません。
所詮動物は本能を抑えきれぬものです←少し違うか。

さて、どうすればよいか。kobasoは必死に考えました。
独り暮らしはサバイバルです。メンタリティは大切です。

結論、ここに書けば良いじゃないかってことになりました。
mixiと違って、ここならあんまし人も見てないし(あまり喜ぶべきことじゃないかも(笑))、
迷惑かけないもんね。

ってことで、今日のkobaso御飯。

和風定食
b0180288_1953355.jpg


左上から
冷ややっこkobasoの特製ドレッシング添え(要は適当酢醤油)
野菜と厚揚げの煮物
南瓜の煮物
サバの塩焼き(皮がはがれて汚くなってしまった(苦笑))
白米
卵焼き

日本人であることを実感しました。


あーーー。すっきりしたぁ(・ω・)
by kobaso | 2010-03-29 19:56 | 御飯小話

そばさらだらさばそ

冷蔵庫の中で、野菜たちの元気がなくなっているようでしたので、しなしな野菜を一掃しようと、そばサラダを作りました。
そばサラダは父の得意料理で、私は父が作る料理の中でこれが一番好きです。

父はよく、土日になると夕飯を作っていました。
作るのはいいのですが、やたら手の込んだものを作って時間がかかるので、母のヒンシュクをかい、
味が若干濃い(思うに母が薄い。けど我が家の舌はそれに慣れてしまっている)ので、「しょっぱすぎ」と非難を受け、少し可哀想な感じもします。

それはさておき、私なりに作ってみました。そばサラダ。
何も考えずに。

b0180288_22185528.jpg


どーん。どどーん。
いろんなつっこみが飛んできますね。

そばの姿が見えないとか
何が入ってるのか皆目見当がつかないとか
なめこがきもいとか
隣にある昨日の残り物の大根に穴があいているとか

何も考えずに作ったんですよ。仕方ないじゃないですか。
食べてみて、
やっぱりカリカリベーコンとガーリックが入ってるからあんなにおいしいんだな
という感想が脳裏をかすめましたが、
きっとそういう問題じゃないんですね。
単にそばと野菜の比率の問題です。
いや、まぁまずくはなかったんですが。
結論として、冷蔵庫の中のしなびた野菜を消費するときは、
鍋を作りましょうということです。
by kobaso | 2009-06-30 22:26 | 御飯小話

林飯週間


b0180288_22194816.jpg


今日は牛肉とハヤシライスルー(?)が安かったので、ハヤシライスとなりました。
しばらくkobaso家の夜はハヤシライスになりそうです。
ついこの間インフルエンザ緊急食糧備蓄のため、カレー週間が実施された気がしますが。
まぁ。いっか…。

そろそろ人に作ってもらった御飯が食べたいです。
姫御さんの救援が待ち遠しい…(遠い目)。
それまで孤軍奮闘したいと思う今日この頃です。

P.S.
高校のHPが改装されたようです。
「志成」の由来がヒラリー先生のものと思われる文章でつらつらと書かれておりました。
科学部のページでは相変わらず自分が副部長してましたが。
後輩君。だれか更新してください。
まぁうまく引き継げてなかった自分が悪いのですが。
by kobaso | 2009-05-30 22:20 | 御飯小話