<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かめ会議

b0180288_22202430.jpg


金曜日から日曜日にかけて3日間、愛知県田原市で開催されている第21回日本ウミガメ会議に参加してきました。
ウミガメの世界には「学会」がないので(日本爬虫類学会になるのかな)、この会議は学会のような発表会のような懇親会のような飲み会のような、よくわかんない会議です。

今回の会議は、David Owen博士の発表と京大の方のウミガメの接餌行動に関する研究の発表が面白かったです。

ウミガメの上陸産卵報告は、増えているとの話だったけれども、実際はどうなんだろうと思いました。
ただ単に、上陸や産卵を日本ウミガメ協議会に報告する「人」が多くなっただけなんじゃないかなと、思ってしまいます。

あと、「会議」という割には、なんか意見の同じ人が集まっていて、「会議」になってないんじゃないかなという風に、去年から感じないでもないです。
もっと立場的にニュートラルな人なり団体なりが、主催するべきなんじゃないかなとも、感じます。
砂浜の管理や資源管理に関して、いろんなもめごとがありますが、今回(毎回?)当事者の市や国の担当者や、(たぶん)反協議会の団体が会議に参加しないという問題点も、その「来ない人たち」ばかりの責任ではない気もします。
一般人にも公開した形で開いてるけど、参加費とか懇親会費とか宿泊費とかすべて含めると2万円以上になってしまうところも、ちょっとなぁと思ってしまいます。

とはいえ、立場的にニュートラルなんて、なかなかなれないから環境問題ってややこしいんだとも思うんですが。
結局はやっぱり、生物じゃなくて人間の問題になってしまうところが悲しくて、面倒です。

なんてことは怖くて言えないのでここだけの話。

派閥がめんどくさくて嫌いというのが、自分は研究者には向いてないだろうなと思う理由の一つなんだけれど、
よく考えたらそれって、一般的企業でも行政でもあるわけで、
それを言ったらどこでも働けなくなっちゃうね。
ふんふんって受け流しておくしかないんだろうなぁ。

あと、懇親会では毎回すんごく豪華なバイキングなんだけど、
今回は挨拶まわりばっかりで、全然食べられなかったので凄く悔しい。ぞ。

来年は屋久島開催。
……出費がおそろしい。
by kobaso | 2010-11-29 22:35 | 大学小話

次期会長は

b0180288_9475318.jpg


今日はなにやら東京で国際ウミガメ会議の話し合いを行っているようですが、
私の散歩相手の次期会長はびわこのほとりで犬のおしりを追っかけまわしているようです。
「あとは任せたがんばれ次期副会長」と言ってます。
私も、なんとなく東京のほうを向いてみました。
by kobaso | 2010-11-19 09:50 | 退屈小話

徹底的に自己満足の世界

ごはんの話。
自炊のできる男子はモテるという都市伝説を、身をもって否定しているkobasoです。こんばんは。
ひとに文句を言われることなく、自分のペースでごはんを作るのが、僕は好きです。
ですが、なんか、自分で作って、自分だけで食べてっていうのも、なんか淋しいので、
こうやって日記やmixiのフォトでその感情を消化しているわけです。

たまには、ごはんを作る過程を書いてみても良いんじゃないかと気まぐれに思ったので、こうして書いているわけです。はい。

b0180288_19584360.jpg

コンロひとつ、狭いシンクという非常にコンパクトな設計ながら、左開きの冷蔵庫、読書スペース完備という非常にシステイナブルなキッチンでなおかつ…以下略

b0180288_2003711.jpg

半額でも、けっして安くはないよね。メカジキ。
えらいやつやのう。メカジキ。

b0180288_2012055.jpg

みそ大匙1+1/2、酒大匙1、みりん大匙1を混ぜ合わせたものに、メカジキを放り込みます。しばらく寝かせます。
みそは、なんでもいいと思いますが、今回は家にあったこうじみそを使いました。

b0180288_2031367.jpg

メカジキがいびきをかいて寝ている間に、豚が汁になりました。
豚が汁になる間に、人間は本を読んでうんうん言ってました。

b0180288_2042971.jpg

メカジキが起きたので、フライパンにサラダ油をしいて熱し、焼きます。

b0180288_206193.jpg

メカジキが良いぐらいに焼けて、顔黒のチャライ兄ちゃんになる前に火を止めて、メカジキが寝ていたみそと酒とみりんを和えたものを加え、なじませます。

b0180288_2074253.jpg

お皿に盛りつけて、完成です。
今回はメカジキを使いましたが、白身魚なら、たいていおいしくできるんじゃないかと思います。

ちなみに、この豚汁は明後日まで生き続けて、明日は豚汁と冷ややっこと卵焼き、明後日は豚汁にうどんを突っ込んだものが、kobasoの胃袋にはいるものと思われます。
by kobaso | 2010-11-14 20:09 | 御飯小話

縞模様のパジャマの少年 -THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS-

b0180288_192634.jpg


ちょっと休憩したくて、寝る前に何かDVDを観ようと思って、借りてきました。

映画の頭の字幕

"Childhood is measured out by sounds and smells and sights, before the dark hour of  reason grows. "
「子ども時代とは、分別という暗い世界を知る前に音と匂いと自分の目で事物を確かめる時代である。」(日本語字幕訳)

が、ラストシーンに進むにつれ、なるほどなぁって思う作品。
ストーリー展開は凄くまっすぐで、想像がついてしまうんだけど、逆にそれがああああああってなる作品。
なんていうか、「ナチスひどい」っていう映画じゃなくて、大人の愚かさと、子どもの愚かさが、すごく伝わってくる、そんな映画。

最初のベルリンの風景やものが、すごく綺麗。
だんだん風景もものも汚くなっていくんだけど、ブルーノ(主人公)の目だけは、いつまでも綺麗なまま。
ひとの目、初めて綺麗だなって思いました。
台詞よりもなによりも、色んな人の目が、色んな事を話している気がしました。

ドイツ人設定なのに英語話してたり、普通こんなとこに家族全員でこないでしょっていうところが、少し残念だったけど。
あと、寝る前に観る映画では、ないかな。
by kobaso | 2010-11-14 01:07 | 映画小話

人間だもの

世の中には、色んなことを思いつく人がいて、色んなことに惹かれる人がいて、色んなことをまじめに考える人がいるんだなって思いました。
これを見て。
感心してるんです。ただただ。
嫌いじゃないです。というか、むしろ好きです。こういうの。
ただ、父親がこれで、ひとり机に向かって遊んでいるのは、息子にとっては複雑な気分です(笑
by kobaso | 2010-11-07 19:50 | 退屈小話

次期かめ研

おいら、『会長』ってものに、なってしまいました。
響きはね、いいね。
おいしい役職なら、いいな。
by kobaso | 2010-11-04 19:39 | 大学小話