<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

少しだけ帰省

先週の木曜日、教育実習の手続きの関係で少しだけ帰省していました。
夜行バスではあまり眠れない体質なのですが、ちょっと無理な帰省日程にしすぎたかな。風邪こじらせました。
とはいえ、滋賀に帰ると、やっぱり散歩にいかないと気が済まなくて、ついつい外へ出かけてしまいました(笑

b0180288_16405820.jpg

今日も元気。

b0180288_16391044.jpg

カモ

b0180288_16403662.jpg

ナミテントウ Harmonia axyridis

b0180288_1643785.jpg

これ、藻類だっていうのを授業でやった気がするのですがなんて藻類か忘れました…。

b0180288_1644137.jpg

ホコリタケ Lycoperdon perlatum
ホコリでキノコってすごい名前ですが、食べられるみたいです。
指でつんつん触ると、てっぺんから胞子がとびでてくるのが面白い。

b0180288_16463453.jpg

ベニタケの仲間。
赤いキノコ!!いかにもな感じですね。

b0180288_16473051.jpg

ヤマボウシ Benthamidia japonica
庭に生えているのですが、春の緑も、この時期の白い花も、秋の紅葉もすごく綺麗で大好きな植物です。

b0180288_16492586.jpg

また面接のために1日に戻ります。今度も弾丸帰省かな…?
来年の教育実習は人数が多いようで、今から少し楽しみです。
by kobaso | 2011-06-12 16:50 | 写真小話

個性

先日、塾の生徒が、学校から「"自分の個性"についての作文を書け」という課題を課せられたのだけれど、何を書けばいいのかわからなくて困っていると相談してきました。

ゆとり教育が終わったとは言え、未だに個性が重視されているのだなと感じました。
自分の個性って、そんなに簡単に説明できるものなのでしょうか。

「個性」って、誰にでも当てはまる言葉で、かつ、誰にも当てはまらない言葉なのではないかなと思います。
どの人でも個性がないということはあり得ませんが、かと言ってその人の個性は何か具体的に説明しなさいと言われると、難しいものです。

誰にでもあてはまる個性というものは、その人のどこに宿るのかというと、その人のコミュニケーション方法だと思います。
例えば、言葉。
僕がよく本を読んでいて思うことなんですが、例えば、10人の作家さんを集めて全く同じストーリーの話を書かせたら、きっと全く違った雰囲気の小説を10人それぞれが書くんじゃないかなと思うんです。
作家さんごとに、抜き出す風景、登場人物の心境や、それらを表現するときに使う言葉の組み立て方が違うだろうから。
僕たちが感じるその作家の個性というものは、その作家の言葉で形作られているような気がします。
なぜなら、作家は僕たちに、言葉を組み立てることでコミュニケーションするしかないから。

では、言葉を使えない犬に個性はないのかというと、そんなことはないように思います。
たとえ同じ犬種で同じサイズの犬が集まっていたとしても、犬が人に送る目線だとか、号令をかけた時に対する反応だとか、虫を見つけた時に対する反応だとか、他の犬に対する反応だとかで、その犬の個性を感じることができるはずです。それは、犬が人間に対して「しぐさ」でコミュニケーションをとっているからだと思います。

普段、身のまわりでは人間は、本の中の作家のように言葉だけではなく、また犬のようにしぐさだけでもなく、言葉やしぐさや装飾品や身体的な特徴など、いろんなもので、コミュニケーションをとっています。

昨年の夏ごろ、友人と佐藤雅彦さんの「"これも自分と認めざるをえない"展」に行ってきました。
そこでは、人の写真がずらーっと同じような雰囲気の服装の人たちごとにグループ分けされていて、「属性」というものを強く感じさせられました。その服装の雰囲気で同じグループに分類された人達の写真からは、1人1人の個性を感じることはできませんでした。しかしながら、グループとグループを見比べた時に、そのグループの特性、属性がくっきりと浮かび上がりました。
それは何故かと考えてみると、様々なものでコミュニケーションをとっている人間のなかから、「服装」というコミュニケーションツールだけが抽出されたからではないかなと思います。
もし、その同じグループに分類された人々が言葉を発し始めたとしたら、たちまちその「服装で同じグループに分類された人達」に個性が表れ始めるのだと思います。しかし、その人の発する言葉のみに着目してまたグループ分けを行ったとしたならば、再びその人の個性は埋没し、属性が出現してくるのではないでしょうか。
ベン図で考えると、属性と属性の重なった部分に、個性が出現してくるのだと思います。
そして属性というものは、僕たち人間の事細かな項目にまで存在し、その属性と属性の重なる部分というものは、小さく小さくなっていって、より確かなその人らしい個性が浮かび上がってくるのだと思います。

「個性を磨け」という言葉をよく聞きますが、属性と属性の重なりが個性だと考えると、その言葉の意味がよくわからなくなってきてしまいます。個性は浮かび上がってくるものであって、作ったり磨いたりするものではないはずです。
それは、今回その生徒が学校から課せられた「あなたの個性について説明しなさい」という設問にも同じことが言えます。自分の個性とは何か考えて文を書くよりも、今日起こった出来事(朝起きて何をしたとか、今日はどんな服を着たとか、友達とどんなことを話したかとか)について、自分の言葉で書き綴った方が余程「自分の個性」について説明できるはずです。

「個性」という言葉は便利ですが、同時にとてもなんでもない言葉でもあります。
わざわざ説明するものではないのではないかなと、思うんです。

久しぶりに何を言いたいのやらわからない日記を更新しました(笑
つまりは、とても陳腐な表現なのですが、個性なんてあとからついてくるもんなんだから、そんなに個性について悩ませなくてもいいんじゃないのかなということでした。
by kobaso | 2011-06-08 00:44 | 退屈小話

生物実験Ⅱ 第六回 ミネフジツボ

こんばんは。今日もまた生物実験についてです。
先週のウニは各方面の友人から「気持ち悪い」と大反響でした。
いつまでもトップにその「気持ち悪い」ウニをあげておくのもなんだと思うので、
フジツボをトップにあげようと思います。状況変わりませんか。そうですか。すみません(笑

ミネフジツボ Balanus rostratus
顎脚綱 無柄目 フジツボ科

b0180288_2375486.jpg

フジツボの外形

b0180288_238488.jpg

fig.1 殻板模式図

b0180288_2382976.jpg

fig.2 殻内軟体部

b0180288_239270.jpg

fig.3 蔓脚

このミネフジツボ、食用として養殖され、販売されているものです。
フジツボ食べるってこの大学入って初めて知って驚いたのですが、常識なんですかね。
あと、この大学入ってから初めて知ったのですが、フジツボってエビやカニと同じ節足動物で甲殻類って常識なんですかね。貝の仲間じゃないんですよね。変な奴です。
そしてフジツボの殻を割って内部をまじまじと見つめてスケッチするなんて変な実験です(笑

フジツボは雌雄同体で、隣の個体に生殖器を伸ばして受精し、繁殖します。
蔓脚を伸ばして、懸濁物を摂餌します。
触角からセメント物質を分泌します。
フジツボの仲間には、ウミガメやクジラにだけつくフジツボ(カメフジツボとか)も存在します。
自分にとっては、フジツボというとカメフジツボのほうが何となくなじみがあります。
どのようにしてその種の動物だけに着くのか、未だにわかっていません。
また、カメフジツボでは、ウミガメの骨に穴があくほどその個体の奥までがっちりと接着している場合があります。
変な奴です。
幼生期から基質に接着してからは全くその場所を動かないという、戦略をとった生き物です。
他の生物に捕食される場合ってあるのかな。あまり聞かないな。
変な奴です。

おわり。
次回からは魚類実験です。
by kobaso | 2011-06-07 23:23 | 生物小話