<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トイレット

b0180288_0442775.jpg


オタクで少し冷淡で、でも正義感はこれでも一応ある次男、才能はあるけどパニック症候群の長男、ちょっと人を見下す癖がある生意気な長女、そんなアメリカ人3兄妹の母親がある日、亡くなった。母が残したものは、猫の「センセー」、少しの財産、家、そして日本から呼び寄せた祖母だった…。

邦画にも関わらず、日本の役者はもたいまさこただ一人(エキストラで少しいたかな)。出てくる日本語は「センセー」「ばーちゃん」「スシ」「ギョーザ」の4つだけっていう、とても斬新な邦画。「かもめ食堂」「プール」「めがね」の荻上監督作品です。

荻上監督の作品は、きれいな空間と、おいしそうなご飯と、小林聡美の雰囲気が好きで観ているつもりだったのですが、どうも、それだけではないようです。
なんだろう、くすくす笑いかな。くすくす笑いが気持ち良いのかもしれません。
なんか、こう、生活の中で「くすっ」て笑うと、ちょっと幸せになった気がしませんか。
お笑い番組を見ている時のような笑いじゃなくて、ほんとに、些細なことにちょっとだけ笑ってしまう感覚。
あの感覚が、荻上監督の作品には詰まっているのかもしれません。
いろんなことが「ちょっと」面白くて「ちょっと」悲しい。
「ちょっと」幸せな気分になれるところがたまらなく良いです。

あと、「トイレって文化なのか!!!!!」って思いました。
トイレについて考えさせられるよ。この映画。ほんと。
くだらないけど、すっごく気になる。
和式便器って、なんであの形になったんですかね。なんで西洋式の形にはならなかったんだろう。ちょっと前までずっと。日本人には、椅子みたいな姿勢で座る慣習がなかったから…かな…?
あと、TOTOすごいね。

「かもめ食堂」ではおにぎりが、「プール」では揚げバナナが食べたくなった僕ですが、「トイレット」では餃子が食べたくなりました。ちゃんと種から作ったやつ。包み方にその人の個性がでるような手作りの餃子。

そして、やっぱりもたいまさこがすごい。

良い映画でした。
by kobaso | 2011-09-27 01:13 | 映画小話

彼岸の散歩

こんばんは。東京は今日とても良い天気でした。
暑さも寒さも彼岸までと言いますが、その通りで、過ごしやすい気温になってきましたね。
気持ちの良い天気だったので、どこか遠くへ行きたかったのですが、遠くに行く時間はなかったので近場を散歩しました。

彼岸花を探すつもりで川沿い(用水路沿い?)をずっと歩いていたのですが、先日の台風の影響で彼岸花が無残な姿になっていて残念でした。
それでも、公園とか銭湯とか喫茶店だとか、新しい街を知ることができて楽しかったです。あと、東京の豪邸はすごいです。豪邸です(なんの説明にもなってない)。
世間は3連休なのですね。公園には子どもがたくさんいました。微笑ましかったです。あんましゆっくり写真は撮れなかったけれど(笑

b0180288_21552122.jpg

キチョウ(Eurema hecabe)
どこにでもいる蝶ですね。
高校の生物で、モンシロチョウの雌雄は、人間の目に見える模様で区別はつかないけれど、紫外線の見えるモンシロチョウ同士では区別がつくということを習って(資料集で見たのかな…?)、感心したのを覚えています。モンシロチョウの目には雄が黒っぽくなるのだそうです。たしか。←調べろよ
キチョウも雌雄で模様の区別はないように思えますが、モンシロチョウと同じように雌雄が見分けられるのでしょうか。

b0180288_226560.jpg

ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)
これもどこにでもいる蝶ですね。
有毒のカバマダラという蝶に擬態(似た模様になっている)しているそうです。
しかしながら、日本本土にカバマダラはほとんど生息しておらず、南西諸島では擬態の効果があるものの、日本でその効果があるかどうかは怪しいのだそう。なんかちょっと間抜けな感じがして可愛らしいです。

彼岸の蝶は、それがありふれた蝶でも、ふっと見入ってしまうものがありますね。
by kobaso | 2011-09-24 22:15 | 退屈小話

1か月航海 番外編

御無沙汰しております。kobasoです。
台風が猛威を奮っていますね。久しぶりに台風直撃に立ち会いました。
災害の国に、生きているんですね。

さて、長らく続いていた1か月航海レポートも今回が最後です。
番外編ということで、航海中に撮りためたキノコの写真を(笑
珍しいキノコかどうかはわかりませんが(たぶんどれもありふれたキノコ)、愛らしい姿をしたキノコをお楽しみください。
b0180288_23273423.jpg
b0180288_23274818.jpg

もう、みるからにキノコ!!ですよね。一番可愛かったな。
テングタケの仲間かな…?

b0180288_2329373.jpg

なんかちょっと艶めかしい光沢のキノコ。

b0180288_23302062.jpg

花びらみたいなキノコ。

b0180288_23305112.jpg

菓子パンみたいなキノコ。

b0180288_23311331.jpg

キノコにも後光が差すんです。

b0180288_23314987.jpg

楓とキノコ。

b0180288_23321976.jpg
b0180288_23322963.jpg

やー。このキノコも小さくて可愛かった。

もっとキノコの名前がわかるようになりたいです。勉強しないとね。

キノコで航海を締めくくるのもなんですが、
おそらく観測系の研究室には進まないので、これが最後の航海となるでしょう。
とても濃い、いい経験ができたと思います。
一緒に航海した仲間に感謝です。大学生活も考えてみるともう長くはないのですが、今回のような充実した経験を、今後とも積んでいけると良いなと思います。
by kobaso | 2011-09-21 23:35 | 大学小話

1か月航海 塩釜編

本当にブログの更新も1か月航海になってしまいましたね。
船は最後の寄港地である宮城県塩釜へと進みました。
入港した塩釜港は、まだ震災の爪痕が生々しく、航路の左右は瓦礫のために水深が数メートルだったり、着岸する岸部が陥没していたり、港には瓦礫が山のように積まれていたりしました。
まだ信号も復旧しておらず、崩れた家もそのままに、開くことのできていない個人商店も多くあるようでした。店をたたまざるを得なくなってしまった方々も多くおられるようです。
駅前には震災後新しくオープンした大型ショッピングモールが、ぬっと静かに、建っていました。


塩釜を少し離れて、仙台の都市部は震災をあまり感じさせないような明るさでした。
お祭りが近かったため、活気にも満ちていました。
仙台には中学高校時代の友人がいるので、その友人にも会って一緒に飲んできました。
久しぶりに昔の友人に会うと、なんだか安心するもので、少しだけ地元に帰れたような気持ちになれました。今年の夏は結局、地元に帰れなかったな。

観光地として有名な松島も、津波の被害は少なかったようで(とはいえ、ちらほらと生々しいところはありましたが)、1日松島周辺をぶらぶらしました。

b0180288_2182440.jpg

円通院という、伊達正宗の孫である光宗公が祀られているお寺に行きました。ここの住職さんがとても面白い人で、「紅葉がきれいなんですよ。またこの寺にこうよう。」だとか、お茶目なお坊さんでした。
光宗公が隠れキリシタンだったお話だとか、本尊に隠されているキリストの暗号だとか、真面目な話もすごく面白く話してくださいました。
庭園も凄く綺麗で、秋には本当にぼーっとするのにすごくいいだろうな。また紅葉。
b0180288_21114235.jpg


b0180288_2114176.jpg

松島をぶらぶらした日は、途中からとても霧が濃くなりました。

塩釜には3日停泊していて、最終日には実習疲れとかお風呂に入れないもやもやだとかが溜まっていたので、秋保温泉に行きました。
b0180288_21164283.jpg

渓谷になっていて、緑も多く、なにより山地ということもあって、とてもリフレッシュすることができました。

秋保温泉街の文芸センターでは、七夕祭りに合わせて短冊や、鎮魂のための千羽鶴が展示されていました。
b0180288_21194968.jpg

少し後ろめたく感じながらも(とか言って写真まで撮ってますが)短冊を一枚一枚読んでいると、思わず微笑んでしまったり、じんわりとしたりしました。
b0180288_21212886.jpg

b0180288_21215942.jpg

b0180288_21221687.jpg


東北の海ではイカ釣りのための光が、ぽつぽつと、それでもしっかりと、光っていました。
b0180288_2123468.jpg

by kobaso | 2011-09-04 21:23 | 大学小話

1か月航海 函館編

b0180288_035191.jpg

はるばるきました、函館です。こんばんは。
ブログを見てくれた方から、おまえは遊びに行っていたのかと言われます。
それは違うよと言いきれないところもあるのですが、写真に写っていないだけで、実習なのでそれなりのことはしてましたよ。ちゃんと。たぶんきっと。

金沢を出た船は佐渡沖を行き、3日間イカ釣り漁を行って800杯ものイカを釣りあげて函館へと入港しました。
函館は涼しく(半袖では寒いくらい)、日本の縦長具合を実感しました。数日前まではあんなに温かかったのに。
また、港街だけあってとても綺麗な街でした。

b0180288_09991.jpg

b0180288_092265.jpg


教会もたくさん。
b0180288_0102668.jpg

でも教会に行ってもほとんど誰も教会を見ておらず、蝉の抜け殻だとかアリの大群だとか木の切り株だとかキノコだとか、みんなそういうものばっかり観察しておりました。
所変われど人変わらずです。
b0180288_0115452.jpg

教会ではアジサイがとてもきれいで、甲虫も愛くるしかった。

b0180288_013689.jpg

b0180288_0132311.jpg

函館から少し足をのばして、大沼という所にも行ってきました。
自然公園があり、きのこがたくさん生えていました。ここではトンボの写真を。たぶんどこにでもいるトンボだけれど。

b0180288_0145114.jpg

b0180288_015473.jpg

五稜郭にも行きました。何故か龍馬グッズも売ってました。

b0180288_0153799.jpg

b0180288_0154777.jpg

また、たまたま護衛艦あたごも函館に入港しており、一般公開をしていたので見学しに行ってきました。略服が自衛隊士官の方と全く同じなのでとてもややこしいことに。
見学に来ておられたおじいさんから「新人さんですか」とか「将来は自衛官に」とか(笑
あたごは実習で乗っていた船とは比べ物にならないくらい大きかったです。

b0180288_0195661.jpg

by kobaso | 2011-09-01 00:20 | 大学小話