<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ネズミが地球を征服する?

ネズミが地球を征服する? / 日高敏隆 / ちくま文庫

恐らくは、高校生向けに書かれた本。だけれど、(不勉強な)大学院生が読んでも十分面白い本です。
執筆されたのが1972年なので、少々知識的に古い情報があるけれど、それでも面白いと思います。日高先生の考えというか、文章が面白いからかな。高校生程度の読者を想定しているのか、生物とは何かについて非常にシンプルに書かれていて、とてもわかりやすくもあります。

近年、都市部においてネズミが異常に増えている。このまま増え続けると、ネズミが地球中を闊歩するようになるのではないか、人類の次にはネズミが台頭するのではないか…というお話を導入として、種とは何か、種が増えるとはどういうことか、種が滅びるとはどういうことか、進化するとはどういうことなのか…というお話に移っていきます。
生物の知識を持っている人ならば、ある程度知っていることが書かれているのですが、それでも面白いのは、おそらく日高先生の挙げる例が面白いからだと思います。たぶん、塾講師をしていたり、教員を目指している人が読むと尚更面白いんじゃないかな。持ちネタが増えますよ(笑

僕が面白いなと思ったのは、本書の最終章あたり「生物は増えすぎるということはない…」というお話です。要するに、密度効果、個体群密度の限界に関するお話。
生物は増えすぎないようにできている。大発生の後には、おおよそ大減少が起こる。それは、密度の増加に伴う汚染であったり、ストレスであったり、共食いや育児放棄であったり等々によって起こる。人間は今、1種だけであるにもかかわらずこの地球上で大繁殖している。食料危機や環境汚染の問題にさらされているこの先に、いったい何があるのだろうか…というお話。
ネズミやシカ等の動物の例を見てきた後にこれを説明されると、戦争や食糧危機、ストレス過多社会、残忍な殺人事件、増え続ける自殺等々について、何とも言えない感情が湧いてきます。
宮本輝の小説「幻の光」の主人公の夫は、電車のライトにまるで魅かれるかのようにして自殺してしまうわけだけれど、それって、生物学的に考えると、人間という「種」の存在を踏まえて考えると、いったいどういうことになるのだろう…と思うと、ちょっと怖くなります。
人間を殺したり、自ら命を絶つことは、「悪」とされます。人間はあくまで、どれだけ増え続けようとも、増えた分だけその人口をまかなえるように、より多くの命の存在を肯定するようにもがくものだと思います。
しかしながら、一向に戦争はなくならないし、人口の密集した都市部では自殺も増え続ける一方です。なぜ戦争を起こすのか、なぜ自殺してしまうのか、と考えた際に、「種の存続のため」にものごとが働いていると考えると、納得がいくようにも思えるし、恐ろしくも思えます(念のために言っておくと、筆者はこんな極端な考えは言っていません)。
この本が書かれたしばらく後、最近では、リチャード・ドーキンスによって「利己的な遺伝子」説が出てきました。「利己的な遺伝子」は、「利己的な種」に、「協調的な生態系」に、どう作用していくのでしょうね。

生物学が「何故」を追求する学問ではなく、「どのように」を追求する学問である1つの理由は、「何故」を追求すると最終的には「何故生きるのか」という科学では証明しえない問題に行きついてしまうからではないのかなと、この本を読んでいてふと思いました。

理系の人にもお勧めですが、それ以上に生物にちょっと興味のある文系の人にお薦めです。知識なんてなくても、十分に楽しめる本だと思います。
by kobaso | 2013-05-29 21:35 | 読書小話

奥多摩さんぽ

b0180288_23345731.jpg


昨日、友人に誘われて奥多摩を散歩してきました。
当初の予定では、のんびり(ある程度)平坦な道をてくてくするはずだったのですが、思いのほか道が険しく、何と言うか、山登りでした。久しぶりの運動に膝ががくがくしました(笑

b0180288_23374374.jpg

山道を行くと、突然目の前にトンネルが現れました。廃線になったのかな。
道中何度も、線路の近くを通りました。
b0180288_2339242.jpg

スタンド・バイ・ミーな感じだね。

b0180288_2340144.jpg

道中でモグラの死体にも出くわしました。生まれて初めてモグラを見た…。
モグラは日の光にあたると死ぬという迷信があるけれど、実際はそんなことはなくて、モグラ同士の喧嘩に敗れて地上に追い出され、餓死してしまうことが多いそうです。なんでも、胃の中に12時間以上食物が無いと死んでしまうのだそうな(by ウィキペディア)。うへえ。
b0180288_23425886.jpg

うちの大学の人は、動物の死体を見つけると気持ち悪がって逃げるのではなく、うへへうへへとよだれを垂らしながら死体を観察し始めます。

b0180288_23444634.jpg
b0180288_23451311.jpg

おめめ直しのために花の写真。下はドウダンツツジの仲間かな。わかりません。

b0180288_23462627.jpg

b0180288_23462037.jpg

散歩に出かければ探してしまうのはキノコです。この日は、不覚にもキノコ図鑑を持っていくのを忘れてしまったので、同定できませんでした。シメジの仲間かな?

b0180288_2349299.jpg

この葉っぱ、顔に見えて仕方なかった。

b0180288_23494053.jpg

b0180288_2350633.jpg

つり橋の下に綺麗な川。「ゆれる」を思い出しました。

b0180288_235168.jpg

コジャノメ (Mycalesis francisa)
羽の模様が眼のよう。暗いところを好む蝶です。

b0180288_23525493.jpg

この虫の形、すごく面白くないですか?
でもなんていう虫の仲間なのかさっぱりわからなくてもやもや。誰か教えてたもれ。

『加筆:ヒゲナガオトシブミ(Paratrachelophorus longicornis)という昆虫でした。なかなか洒落た名前ですね。』

b0180288_23535623.jpg

ヤマガカシ (Rhabdphis tigrinus)
おとなしいけれど、噛まれると猛毒なんだそうな。
綺麗な蛇でした。飼いたいとは思わないけれど。

b0180288_23552986.jpg

道端できんじろうさんが座っていました。でもこのきんじろうさん、ちょっと怖い。

b0180288_2357697.jpg

大仏様ならぬ小仏様もおわしました。

b0180288_23563153.jpg

そして大量の便器。

b0180288_23575722.jpg

…。こわいよう。

b0180288_23584178.jpg

鬼もいました。河童も探せばいるかな。


自然もたくさんだったけれど、人里と言う感じがして、人間味があって楽しかったです。
今回は時間がなくて行けなかったけれど、次はもう少し奥まで、行ってみたいな。
by kobaso | 2013-05-27 00:00 | 写真小話

トゥルーマン・ショー

b0180288_9555045.jpg


ガタカの監督アンドリュー・ニコルが脚本を手掛けた作品。
本人以外全員役者、日常生活が実は造り物で…というお話。
面白いのだけれど、感想を書くのは難しいなあ…ということで、こんな配役だったらトゥルーマンになってもいいなあ…というのを書きます。
前にもやったんだけれどね、この妄想(笑

父…小日向文世
母…天海祐希
長男…堺雅人
次男…オダギリジョー
三男…自分
長女…YOU
祖父(父方)…舘ひろし
祖母(父方)…樹木希林
祖父(母方)…水谷豊
祖母(母方)…中村玉緒
叔父…堤真一
親友…加瀬亮
親友…山崎まさよし
向かいの家の主人…高橋克実
その妻…小林聡美
その娘…きゃりーぱみゅぱみゅ
主人の弟…八嶋智人
隣家にたまにいる人…美輪明宏
喫茶店の店主…宮崎あおい
パン屋店員…多部末華子
パン屋店員…蒼井優
古書店店主…西島秀俊
花屋店主…野村萬斎
美容師…竹中直人
美容師…香川照之
よく小型犬(毛むくじゃら)を散歩させている人…マツコ・デラックス
古道具屋店主…緒方拳
怪しい人…唐沢寿明
怪しい人を尾行してる人…加藤浩市
猫おばさん…もたいまさこ
by kobaso | 2013-05-23 10:23 | 映画小話

舟を編む

b0180288_016666.jpg


「『右』とは何か、説明してみてください」

友人と、久しぶりに映画館で映画を観てきました。

辞書を編集する人々を描いた作品。三浦しをん原作の小説が、本屋大賞になって話題になったりしていました。僕はまだ原作を読んでいないのですが、原作を読んだ友人が観ても「面白かった」とのことです。
キャスティングがいいのかなぁ。

中学の時からずっと、僕は国語が好きだったり、ちょっと昔の小説が好きだったのですが、その理由の一つが、「知らない言葉がたくさん出てくるから」でした。知らない言葉に出会っては、辞書で調べて、へーって感心するのが好きだったなぁ。高校になってからはしてなかったと思うけれど、中学の頃は覚えたての言葉を得意気に使ったりしたものでした(あーーーー恥ずかしーーーーー)。
いつからか、国語辞典を開くこともなくなってしまったなぁ。まだまだ知らない言葉なんてたくさんあるのにね。いつの間にか、漢字や文脈から何となく意味を推測して、読み進めるようになってしまいました。
この映画を観ると、再び、辞書を手にとってみたくなります。
あの辞書を引いているときの感覚って、「言葉を自分の中に集める」感覚だと思うんだけれど、辞書を作る人たちはそれこそ、辞書のために世の中から言葉を捕まえてるんですね。
電子辞書を使うようになってからあまり意識しなくなってしまったけれど、集める人がそれぞれ違うから、集め方もそれぞれ違うから、出版社によって辞書の個性もばらばらだったりしますよね。友人の辞書と自分の辞書では載ってる意味が違ったり(大差はないのだけれど)。今の子たちは、電子辞書オンリーだから、そういうことってわからないのかもね。
そういう意味では、あのくそ重たい紙の辞書を学校に持って行っていたのも、無駄では無かったかなと思います。あと、無意味に辞書をぱらぱらめくって、目についた言葉の意味を調べるのも結構面白いんですよね。

この映画に登場する人物たちが作る辞書では、昔からある言葉だけでなく、最近別の意味でつかわれるようになってきた言葉(「憮然」など)や、若者言葉も載っているそうです。そうすると、最近話題(たぶん)の「激怒ぷんぷん丸」とかも載せることになるのかな。そういえば、ちょっと昔にあった「間違った日本語を使うのはけしからん」「近頃のものは勝手に言葉を作りすぎだ」論争はどこへ行ったのでしょうね。どういう決着で終わったのかな。
言葉は移ろうものだけれど、そう主張した人たちが言いたかったことって、きっと「言霊を大事にせい」ってことだったんじゃないかと思います。
「激怒ぷんぷん丸」に言霊があるかどうかと言われれば、んー。どうなんだろう。けれど、この映画の登場人物たちなら、どんな言葉であっても集めて、その言葉に魂があるかのように扱うんだろうな。

そしてそして、オダギリジョーと宮崎あおいをたっぷり観ることができて、幸せでした。


観終わった後、衝動的に実家に電話して、実家に置いてきた新明解を送ってくれるように頼んでしまいました。
札束と一緒に送ってくれるよう頼んだので、これで精神的に充実した日々を送ることができると思います。
by kobaso | 2013-05-21 00:55 | 映画小話

カタバミの花

小さな花が好きです。特に雑草みたいな花が好きです。小学生か中学生の頃、庭に少しだけ自分のスペースをもらって、空き地からオオイヌノフグリやらカラタチやらを移植してよろこんでいました。近所のおばちゃんからは、「ネコのおしっことかついてて汚いよ」と、奇異な目で見られていました。おばちゃん、あなたは正しい。
で、未だにそういう小さな花が好きなので、この間メールで「カタバミとかフグリみたいな花が好き」って書こうとしたら「カラタチとかフグリみたいな花が好き」って書いてました。カラタチの花は大きいよ…。ってか木だよ…。その好きな花のくだりはどうでもいいことなので、わざわざ「カラタチじゃなくてカタバミでした」とだけ送るわけにもいかず悶々としてここに書き連ねている小さい男がお送りしています。こんばんは。

カタバミの花は、ちょうど今くらいの時期に咲いている(あれ?年がら年中咲いてる気もする)小さな黄色い花です。葉っぱはクローバーと同じ形です。一般的にクローバーと言われているシロツメグサより小さな葉っぱです。小さいけれど、立派に(?)突然変異の四つ葉型を見つけることもできます。
そこら中の地面で見つけることができますが、地面以外でも見つけることができます。
その場所は、どろろーん。お墓です。
カタバミは、その繁殖能力の高さから、子孫繁栄の象徴として家紋に用いられることが多いそうです。あなたの家の家紋ではどうですか。
有名なところだと、戦国時代の大名、長宗我部の家紋がカタバミです。子孫繁栄してる気がしないけれど…。そんなことないのかな?

カタバミに似て、紫色の葉をした雑草もあるよね。あれ、なんていう雑草なのかな。
雑草図鑑が手元に欲しいでござる。誰か知っている人がいたら教えてください。
by kobaso | 2013-05-10 00:19 | 退屈小話

エターナルサンシャイン

久々の映画感想更新です。

b0180288_2325453.jpg


別れてしまった恋人が、互いに付き合っていた記憶を消去しようとするお話。
ラブストーリーだけれど、ちょっぴりSFというかファンタジーというか(全然違うやんけ)の要素が入っているかな。ベタベタの恋愛ものではないです。ジムキャリーのちょっと控えめな演技が好きでした。あからさまに「愛してるー」って表現はしないけれど、表情や口調から嬉しさとか戸惑いとかがにじみ出てくる感じ、わー。わかるーってなりました。関係ないけれど、映画見るときほぼ男性の俳優さんの演技に目が行ってしまうんですよね。必然的に芸能人の話をするときは「堺雅人が~」とか、「オダギリジョーが~」とか男の話ばかりになるので、最近ますます研究室内で女扱いされるようになってきました。だって好きなんだもん。仕方ないよねえ…。

話を元に戻して。
何か物事がうまくいかなかったとき、その直後は、それにまつわる記憶をすべて消したくなってしまうことってあるよね。でも、時間がたってよくよく思い直してみると、あー消したくないなあって思うようになる。
うまくいってる時の記憶だけじゃなくて、だめだめな時の記憶まで、消したくはないなあって思うの、あれ、なんなんだろうね。その記憶にとらわれちゃって空回りしてしまうこともあるのに、それでもなお、記憶を後生大事にとっておこうとするの。
「記憶を消す」っていう行為は、「死ぬ」っていう行為と同等に後ろめたい行為というか、躊躇してしまう行為に感じるのはなんでだろう。
記憶のなかに生きているわけではないのに、嫌な記憶ですら、なくなってしまったら、今の自分がいなくなってしまう感じ。記憶を失くすという行為は、今まで生きてきた自分を自己否定する形になるからかな。自分に懐疑的になることはできても、完全に自己否定することってなかなかできないもんね。今回の映画の場合は、自分だけでなく相手も殺すことになりそうだから余計そうなのかな。
「愛し合ってるから記憶を消すことができない」って、純粋なロマンチックな問題ではないような気がしました。

恋愛とは関係ないけれど、例えば何かの事故の被害者(もしくは遺族)は、その事故の記憶を失くすことができるのならば、それを望むのだろうかと、ふと考えてしまいました。
答えは、出なかったけれど。
by kobaso | 2013-05-02 23:54 | 映画小話