ガイコクゴから日本語へ日本語からガイコクゴヘ


私は英語の文章を単語の意味通り、文法通りに訳すのがとても苦手なので、
高校時代に模試で英文和訳の問題が出ると、たいてい部分点しかもらえませんでした。
語彙力の不足も多分にありますが、辞書に出てくる単語の意味通りに訳すと、どうにも日本語が気持ち悪くなって嫌なのです。

大学の講義では、意訳がかなり許されるようになったため、単語そのものの意味はほぼ無視して訳してしまっています。
たとえば、今日の講義で、以下の文を訳すように指示されました。

"~、it proved to be the jog which awoke his mind to action."

で、私はこう訳しました。

「~、その出来事が彼にひらめきを与えるきっかけとなったのだ。」

英文の中には「ひらめき」とか「きっかけ」とか「与える」という意味の英単語は見当たらず、いろいろと文法的にも問題がある気がしますが、教授に「まあいいでしょう」と言われたので、可もなく不可もなくという訳し方だったのでしょう。適当なところが何ともありがたいです。

ただ、こういう適当な和訳をしていると、ふと疑問に思うことがあります。
翻訳家の方々は一体なにをどう思って、海外小説の翻訳をしておられるのかと。
まさか、ひとつひとつの単語を忠実に訳しているわけではないと思います。
そんなことをしていれば、到底日本人が読了できる文章にはならないはずです。
なにか、その文に対して適切な日本語を翻訳家が考えて訳しておられるのでしょう。
つまり翻訳家は、元々その小説の中にあった言葉を拾い集め、それに似た異なる言葉を作り上げているのです。たぶん。
そうなると、どうしてもその小説に、翻訳家の世界観みたいなものが入り込んでしまう気がします。

言葉がそのまま純粋な発信者側の意図を保ち、他人に受信されることって滅多にないんじゃないかなぁと思うんです。
発信した人の意図とは微妙に異なった受けとり方をされる時もありますし、同じ言葉でも聞いている人の状況や立場によってその言葉の解釈がそれぞれ異なることもあるでしょう。

なので、その著者が〇〇という意味を込めて話を書いても、読者には△△として伝わってしまうことって多々あると思うんです。ってか、その場合がほとんどだと思います。
翻訳という過程を通してしまうと、著者は〇〇という意味を込めて話を書き、翻訳家が△△という意味で解釈して訳し、読者には□□という意味で伝わってしまうこともあるんじゃないかなぁと思ってしまうわけです。
「コンナコト ワタシ イイタカッタンヂャナイヨ」と著者が言いたくなるような場合が。

翻訳された文章が悪いと言ってるわけじゃないんです。
ただ、もしかしたら今自分が読んでいるのはヴェルヌの小説ではなくて波多野完治の小説ではないのか。みたいに思ってしまうことがあるよというだけのことでして。

芥川の緻密な日本語を外国語に翻訳することは不可能だと私は思います。
それと同じように、カフカやガルシア=マルケスの文章をそのまま日本語に訳すのは不可能なのかもしれません。
芥川の世界観が日本語でしか形成され得ないのならば、カフカやガルシア=マルケスの世界観も彼らの言語でしか形成し得ないのかもしれない。
もしも、ドイツ語やスペイン語を母国語のように理解できたなら、彼らの世界観を翻訳家という媒介を通さずに覗くことができて、あの奇怪で意味不明な小説の世界をノイズの少ない状態で受信し、少しはその世界を理解することができるのかなぁと思ってしまうのです。
by kobaso | 2009-06-01 21:11 | 読書小話
<< 藻類は大空へ 授業をサボって陽のあたる場所に... >>