一難去る

物理の試験が免除されました。
これほど喜ばしきことはありませぬ。
レポート一生懸命出してよかつた。本当によかつた。
あとの大事は化学と為りました。
こればかしはどうしやうもないので、試験で勝負するしかありません。
試験期間に於いて思ひました。
高校時代の知識はぼろぼろと抜け落ちておるし、
大学で身に付けたことなど雀の涙程しかなく、
どんどんと自分が阿呆になつているやうです。
化学だつて、高校の時には余裕で出来たやうな問題ばかりなのに、何故こんなにできなくなつているのか。
そんな下らないことを云つていないで、勉強しませう。そうしませう。

最近また内田百閒に汚染されはじめた。
by kobaso | 2009-09-09 21:37 | 退屈小話
<< ふええええええええええええええ... げんじつとうひのかたち >>