ある朝、kobasoが目覚めると、自分が布団にくるまる巨大な蟲になっていることを発見した。

b0180288_8391513.jpg


テスト期間、幼稚な私の脳みそくんが
「やめちくりー、もうお腹いっぱいだよー、それ以上つめこんだらおいら寝るよ?ぐーぐーするよ?いいの?」
とかなんとかわがままなことを言ってしまうくらい、まぁ、人並みに忙しかったわけですが、
それでも、そこから学んだことが、ひとつ、あります。それは、

一日をいかに平穏に、かつ幸福に過ごせるかということは、朝の時間をどう過ごすかにかかっている。

ということです。

ちょっと前まで、授業及びサークル及びバイトで疲れ果て、
ただいまーごはんーシャワーばったんぐーぐーあん?朝?まだ間に合うっしょぐーぐー。三度寝は世界を平和にするんだよぐーぐー的な生活を送っていたわけです。
ぼーーーーーーーーーーーーっとした頭で電車に乗って、ちょっとこのままだと間に合わないよ式スタスタ歩きで目を覚ましていたわけですが、
それだとね、いかん。美しくない←

朝、未だに惰眠を貪ろうとするあまのじゃく脳みそくんを無理やりにでもたたき起して、
右手でポットの湯を沸かし、左手で残り物のスープを温め、そのノリでパンを焼く。
そしてその間に(-_-)をバシャバシャと洗い、
パソコンの電源をONにして、インストゥルメンタルを流すのです。曲はMOON RIVER(夜かよ)でもナウシカレクイエムでもなんでもよろしい。

机の上にはあったかい御飯と飲み物。
ゆったりとした音楽。

優雅じゃ。
おほほほほほほほほほほほほほほほほほほ。

そんな朝を過ごすと、たとえ満員電車で、となりのおじさんがすさまじい加齢臭を発していても、
「あぁ、人間なんだな。みんな。」
とかなんとか、すべてのことがね、こう、丸くなるんですよ。いや、ほんと。
スーツ姿の人々が軍隊みたいにスタスタと歩く品川駅を、優雅な気分でゆたゆた歩けるのです。
え?おまえそれ迷惑じゃないかって?

[追記]
パンの隣に味噌汁を並べても良いんですかというのは、きいちゃあいけませんぜぇ。
by kobaso | 2010-09-28 09:01 | 退屈小話
<< かめぞう我が家に来るの巻 Linkの嵐 >>