梅雨入り。

僕が船から降りたその日に、関東地方の梅雨入り宣言がされました。
しばらく雨降りの天気が続きますね。
雨の日、滋賀の実家にいた頃は、ぽたんぽたんという雨音をぼーっと聞くことができました。
こちらにきてから雨の日の音は、雨音よりも車が水たまりをザーッと跳ねていく音になりました。
なんとなく、静かな中のぽたんぽたんという雨音が恋しいです。そういえば、蛙の声も聞かないな。
部屋の中から、雨音や、むこうの道で遊ぶ子どもの声や、赤ちゃんが泣く声、遠くで鳴く犬の声、甘い声で鳴く猫の声、怒った猫の声、いつまでも鳴く蛙の声、虫の声、鳥の声を聞くことが、なくなりました。雪の日のひたすら静かな世界も、感じなくなったな。
その代わり、風の音や近くの車の音、電車の音、工事の音をよく聞くようになりました。
僕としては悲しいことなのですが、それでも引っ越したら、その音すらも恋しくなったりすることがあるんですかね。

雨の日に部屋でぼうっとしていると、いつもより、どうでもいいことを、長い時間考えてしまいます。

このブログも、いつの間にやら立ち上げてから2年が過ぎました。
僕が上京してからも、2年経ったことになります。
大学3年にもなり、将来のことを色々と考えなくてはならない時期なのに、はっきりと将来のことも分からず、2年前と比べてどこがどう成長したのかはっきりとはわからず、時々そんな状態に愕然としてしまいます。
本当に、時間って早いものです。
その早い時間の中で、遠い先のことを見据えて、今のこともしっかりと見るということが、いかに難しいかということを知りました。
なかなか、どうして、できないものですね。
今は、目の前のことに取り組んで、沈まないように、とりあえずは海の上にぷかぷかと浮かんでいようと思います。
浮かんでいれば、空も見えるし、もしかしたら、遠くの方に上陸できる陸地が見えてくるかもしれません。

見に来てくれて、ありがとうございます。
これからも気まぐれに更新していきますが、よろしくお願いします。

そして今日の気まぐれ御飯。
b0180288_23205588.jpg

湯豆腐好きになったのも、こっちに来てからかな。成長しました(?)
by kobaso | 2011-05-29 23:21 | 退屈小話
<< 生物実験Ⅱ 第五回 ムラサキウニ 実習!! >>