恋の渦

最近は映画を観る機会に恵まれて、「そして父になる」「恋の渦」「ヒミズ」「風立ちぬ」を観ました。
「そして父になる」はまたDVDになって、もう一度じっくりと観てから感想をまとめたいと思います。
「ヒミズ」はずどーんときて、感想が書けそうにないし、「風立ちぬ」はあんまし書くことがないような気がするので、今回は「恋の渦」の感想を書きたいと思います。

b0180288_20503761.jpg


とある“部屋コン”に集合した男女9人。やって来た1人の女の子のビジュアルに男たちは全員がっかりする。何とか場を盛り上げようと頑張るも全くうまくいかず、微妙な空気を引きずったままコンパは終了した。しかしその夜から、恋心と下心、本音とうそが入り乱れる恋愛模様が展開していき……。

いわゆるDQN(不良など、"粗暴そうな風貌をしている者"や実際に"粗暴な者"、また"非常識で知識や知能が乏しい者"を指す)たちの恋愛模様を描いた作品。
自分の身の回りの世界とは全く関わりのない世界のお話のようであるけれど、観ているうちにそう遠い世界のお話ではない気がしてくる、というよりもこれに似たようなこと、自分たちの世界にもあるんじゃないかなぁと思えてくる作品。

この映画は、前に1度この映画を見たことのある女友達のNさんに連れられて、男友達のY君(モテる)と一緒に観に行ったのだけれど、反応がばらばらで面白かった。
僕はこの映画をほぼコメディとして観ていて、たくさん笑ったりしながら、一般的な恋愛ってこんな感じで進むのかな。どんな恋愛でもやっぱり女の人怖いな。男は所詮コロコロされるしかないな。タカシ(好きな人と全然連絡が取れない哀れな人)の気持ちはなんか同情というか、共感するところあるなぁなどなど思いながら、楽しく映画を見終えたのですが、ふと隣のY君の顔を観ると、苦笑と苦渋が顔面に張り付いたような顔をしていて全然しゃべれない状況になっていました。やっとこさ、絞るようにして言った一言が「これは映画にするもんじゃない…。」でした。観ていて、おもしろいけれど、面白くない状況に陥ったようです。
それを観てNさんはニタニタ笑っていました。
僕はあまり映画の中の男の人たちの心情というか行動というかに共感できる部分は無かったのだけれど、他の男の人は違うようです。
どういうところに共感したとかはネタバレになってしまうから書けないのだけれど、笑って観ているうちに、映画の中に自分を見出す気分になってくるのだそうな。

家に帰ってから、NさんとY君と、家に遊びに来たAさんと映画の話やらなんやらをしているうちに、なぜ僕には彼女ができないのかという話になりました。どうやら僕の恋愛観というか女性観(?)は一般的な男の人と違っているのではないかということになってきました。
世の男性はふとした時に恋に落ちるらしいです。恋愛対象は女性全般。そこら中に恋愛対象がごろごろしているらしいんです。好きな人だってたくさんできるし、そのうちの誰かうまくいった人と付き合うのが普通なのだそうな。
僕は、うーん。。。女性全般が恋愛対象にはならないし、好きな人はいても多くて2人以上はできないし。。。「好き」に要求するレベルが高いのか…?
難しいなぁ。

いろいろ指摘された後、AさんとNさんは口をあわせてこう言いました。

「kobasoくんにはギラギラとムラムラが足りない!」

ギラギラとムラムラ、どこで売ってますか?
by kobaso | 2013-10-19 21:17 | 映画小話
<< うたのうら なべかい >>