煙草

煙草を考えた人は、男の人だと思う。
煙を吸ったらおいしいかもしれないなんて考えるのは、たぶん男の人だ。
きっと、奥さんか誰かに「煙を嬉々として吸うなんて、ご近所さんに変な目で見られるからやめなさい!」とかなんとか言われながらも、すーはーすーはー煙を吸っていたに違いない。

男の人は、やめた方がいいとわかっていることを、無性にやりたがる傾向がある。

消しゴムを投げて窓ガラスを割ってみる。
ストーブの上で輪ゴムやら髪の毛やら焼いてみる。
飛ばなくてもいいところを飛んで怪我をする。

そういう生き物なので、男の人はなるべくその衝動を、平和な方向に昇華するのが義務だと思う。

僕は、エリンギを松茸だと子どもに教えて育てたい。

by kobaso | 2015-11-22 21:34 | 退屈小話
<< いつも同じ話 むし >>