真田丸

b0180288_21094702.png

あまり人に話すことはないけれど、戦国時代の話が好きです。
たぶん(というか確実に)父親の影響で、
子どもの頃は、父親のボードゲームに付き合ったり、信長の野望にはまったり、
海音寺潮五郎とか司馬遼太郎とか吉川英治の本を読み耽ったりしていました。
小学~高校まで大河ドラマを家族で観るのが習慣だったりもして、独り暮らしを初めてからも、ぽつぽつと観ていたのだけれど、
最近の大河ドラマはなんかこう、朝ドラっぽくなって、
あんまし観なくなっていました。
だって、某秀吉家臣のお話なのに1分で光秀死んだりしちゃうんだもん。ほのぼのシーンは20分も30分も流すのに。
大河だぞ!大河!これじゃ小川じゃん!
っていうのが最近の大河に思うことでした。

でも今年の大河は違うかもしれない。
主人公真田だし、ちゃんと戦国時代やってくれる気がする。
そう思って、第1話観てみました。

面白い!
勝頼がちゃんとした武将に描かれてる!
小山田の愚将加減を温水さんがちゃんと演じてる(ちょっと弱そうだけど)!
勝頼すぐ死なずにまだ生きてる!
信玄も謙信も氏康も出てこないけれど、2世(この表現は正しくないかも)の生き様を魅せるつくりになっていそうで、
今後の展開にも期待が持てそうでした。
上杉贔屓な僕としては、景勝がどう描かれていくのか楽しみなところ。

ちなみに、僕の好きな大河は利家とまつです。
最近だと風林火山。家康が勘助に見えてしまいそうでちょっと不安。

by kobaso | 2016-01-10 21:09 | 退屈小話
<< 自分では気づかない、ココロの盲点 初漕ぎ >>